浅草の料亭でお三味線の会

お三味線のおさらい会があるといつも案内をくれる友人、今回は浅草の料亭での開催でした。
a0150180_23114339.jpg
瓢庵 ひさごあん

a0150180_23145266.jpg
浅草見番のお向かいにありました。
浅草花柳界の中心地、という事ですね。

料亭、どうしよう正座できない…なんてビビってたのですが、
a0150180_23191980.jpg
椅子席でした、助かった。

お座敷の中で、演者の方と同じ高さで見られる、距離も近い、ということがとても楽しかった。

お師匠さんが小声で「短く」などど合図を送っていらっしゃる様子など、舞台と客席では見られるものでは無かったものです。

演者の方々が使う、様々な形の正座補助クッションも見られました。ハンドボール大まん丸なクッション、具合よさそう。アレがあれば私も正座できそう。欲しくなりした。

友人は若い頃の物だという華やかな訪問着。演奏したのはご家族との思い出のこもった曲。とても素敵でした。

a0150180_10334608.jpg
浅草駅までの行き帰り、大勢の外国人観光客で芋洗い状態の浅草寺仲見世を通りました。

仲見世の店舗賃料値上げ問題、どうなりますかね。
今あるお店だからこその賑わいだと思うのですが。



[PR]
by konohanasnotes | 2017-12-07 10:05 | 舞台
<< 咸享酒店 神保町 銀座では当たり前でなかった筆耕 >>