谷口裕和の会 国立劇場

a0150180_20561366.jpg

谷口裕和さん、流派に属さず独立して活動する舞踏家、飛騨高山出身。今回友人に誘われて、初めてお名前を知ることになりました。

客演される歌舞伎役者さんの演目がとても面白そうだったので、歌舞伎と変わらないチケット代をはたいて観てきました。観ておいて良かったです‼︎

連獅子
片岡孝太郎千之助親子。孝太郎さんが雄々しく威厳のある親獅子。千之助さんは恐れ知らずのやんちゃな子獅子。孝太郎さんの立役は初めて見た気がします。

種蒔三番叟
地に足のついた感じの谷口さんに、右近さんが華を添えて良い組み合わせでした。ご自身で梅の絵を挿した着物を纏った右近さん、夢二の絵の美女みたいで綺麗でした。

藤娘
中車さんですよ!どんな藤娘になるのか一番興味を引かれた演目もでした。元気一杯若々しく可愛らしい藤娘でした。

藤娘から次の越後獅子への繋がりに工夫がありました。両脇のお囃子はそのまま、中央の藤の木が持ち上がってお江戸の風景が降りてくる。上方からお江戸に参りましたよ、という趣向だそうです。

越後獅子
団子ちゃん素晴らしかったです。スタア誕生‼︎この子が歌舞伎をやれて本当に良かった。
中車さんはこの子の為に歌舞伎も今日の舞台もやってるんじゃないかなぁ、と思いながら見ていたら泣けてきました。
バランスを見せる所は崩れず決める。次々と小道具を替えて踊る所も取り落すことなくリズム正確。最後のクライマックス、晒しを持って構えを決めた所では将来の姿がダブって見えた気がしました。成長していく団子ちゃんを見る、その時々でこの晒しを構えた姿を思い出すんだろうなぁ、と思いました。本当にええもん見せてもらったわ。構えた後もくるくるひらひら晒しを振ってお見事!旅芸人だったらおひねりの嵐だったでしょう。誘ってくれた友人に心から感謝❣️

道成寺
先日観たばかりの尾上菊之丞さんの道成寺と好対照でした。
どちらも素踊りでしたが、谷口さんは舞台装置は道成寺フルバージョン。衣装はシンプルに袴姿ながら、5.6回着替えて、舞台上で引き抜きの様な形での着替えもあったので、素踊りかなあ?
振り付け、お能の様にゆったり静かな菊之丞さんに対して、テンポ良く激しい谷口さん。こんなに細かな振りあったかなあ?倍速ちゃうか?と思う様な所もありました。
菊之丞さんは現代的な設えの中で古典、谷口さんは古典的な設えの中で現代。どちらも私には斬新でした。これからも機会があったら拝見したいと思います。

[PR]
by konohanasnotes | 2017-09-28 20:54 | 舞台
<< 母特訓中 ごっつい 新橋店 >>